ローンと割賦の所有権の違い

住居や自動車といった高額商品を一度は購入する機会が訪れるかと思いますが、そういった話が出たときに一括で購入する事が出来る人はほとんどいません。そういった高額商品を買う際に利用する事になることが多いローンと割賦販売ですが、便利な反面それぞれどういった違いがあるのか分かりにくい販売方法としても知られています。何か取引上で問題があったり双方に違ったメリットやデメリットがあるなら知っておきたいところですが、双方に何か違いはあるのでしょうか。
ローンと割賦は頭金を支払ってそれ以降は定期的に料金の一部を支払っていくと言う点に置いては何の違いもありません。販売している側もローンと銘打っている割に規約を見てみると割賦販売制度を使っていたりと双方の違いについてはそれほど深く考えていないところも多く、実際に利用する事になっても違いを感じることは難しいかもしれません。とはいえ二つの制度はまったく同じと言うわけでもなく、購入した商品の所有権についてはまったく違う形になるそうです。ローンを利用した場合は所有権は自分のものとなり、割賦販売の場合は売主か信販会社が権利を持つ事になっており、この違いは金融機関を介しているかどうかで変わってくるのだそうです。