ローンと割賦は同じ?

高額商品を買うには当然それなりの費用が必要となりますが、マイホームやマイカーと言ったちょっとの貯金ではどうすることも出来ない商品を購入する際全額を一度に支払うことが出来る方はほとんどいません。もしそういった商品を購入する機会が出来た時は大抵の方はローンや割賦を利用する事になるでしょう。どちらも初回は頭金の出費のみで商品を購入することが出来、それから先は何年かかけて少しずつ代金を支払っていく事になるのですが、これらの販売方法を利用するにあたり何かしらの違いがあったりするのでしょうか。
ローンと割賦はそのシステム自体には大きな違いはありません。とはいってもまったく同じと言う訳ではなく、この二つの制度の違いは予算をどうやって確保しているかに違いがあります。ローンは銀行などの金融機関に予算を全額借りて商品を購入して、返済期間の間は金融機関に代金を支払うことなり、商品の所有権は自分のものとなるのに大して、割賦は商品を販売している企業に少しずつ代金を支払い、商品の所有権は企業のものとなるという違いがあります。ですが販売している側もローンと銘打って割賦販売を行っていたりと混乱を招くような売り方をしているため深く考えなくても良いかも知れません。