ローンと割賦は違うもの?

住宅や自動車など高額な商品を購入する際利用されることが多いローンは、長い人生を過ごすうち何回かは利用する事になるかと思いますが、ローンと同じような形で商品を購入することが出来る販売法として割賦販売と呼ばれる方法があるといいます。商品の代金を分割して何ヶ月か何年の間隔で支払っていくというほとんど変わらない方式で商品の販売を行っているそうですが、ローンと割賦はまったく同じものではなくちゃんと違う点がある別の販売法なのでしょうか。
ローンと割賦は一見すると同じような販売法ですが、それも当然といえば当然で、割賦はローン販売を初めとする一定の期間に分けて商品の代金を分割して支払っていく販売方式の宗匠のような意味合いを持っているそうです。そのためこれまた同じような販売方式のクレジット販売も割賦販売の一つの種類として扱われているそうで、当然ローンもその範疇に含まれるといいます。そのためローンにまつわる法律は割賦販売法という名称になっていたりと、割賦とローンは親とこのような関係と考えても良いかも知れません。それ以外の違いを挙げると金融会社を介して金銭のやり取りを行っているかどうかもローンと割賦の違いの一つとして挙げることが出来ます。