ローンと割符の違いと金融機関のかかわり

金銭に関係した手続や契約などはそう頻繁に行うべきものではありません。例えばローン販売や割賦販売などは高額な商品を購入する際期間を置いて代金を支払うことが出来る分手持ちが無くても確実に商品を購入することが出来ますが、だからと言って何個もローンや割賦で商品を購入していては支払いに支障が出る可能性が高くなるので気をつけましょう。そしてこうした手続を行う際はそれぞれがどんな制度なのか把握しておくとトラブルの回避にも繋がるので規約や制度の概要程度はある程度掴んでおいたほうが良いでしょう。
ローンと割賦は二つとも商品の代金を何ヶ月か数年単位で分割して支払っていく方式を採用していますが、二つとも制度の違いがほとんどありません。販売店側でも表記ブレが多く、いまいち制度の中身がつかめず混乱することが多いのですが、この二つを判別する方法として金融機関とのかかわりを確認するという方法があります。ローンと割賦の違いはその点にあり、ローンは金融機関が商品の代金を肩代わりして商品の代金を金融機関に納めることで商品を手に入れることが出来るのに対して割賦販売制度のほうは売主か信販会社が代金を提供する形を取っているので、割賦販売は金融機関とは関係なく売買を行うことが出来るのだそうです。