ローンと割賦どっちがお得

普段から購入するものではないものの人生の中で一度は購入することが多い住居や自動車といった高額で販売されている商品を購入する際一括で購入すると言う方はほとんどいません。大抵はローンは割賦を利用することで頭金のみの支払で商品を購入する事になりますが、この二つの販売方法はどちらも指定された金額を指定された月ごと、若しくはそれ以外の期間で定期的に料金を支払うことで商品を購入することが出来るのですが、もし仮にどちらかの購入方法を選ぶことができるとして、どちらがお得になるのでしょうか。
ローンと割符どちらがお得かどうかは実のところ非常に判断が難しいといいます。というのもローン購入が可能とされている商品も実際には割賦販売方式を採用しているところが多く、中々それぞれの違いを同じような商品で比較することが出来ないことが多く、購入者側としても特に違いを実感することが出来ないことが多々あるため、どちらがお徳かどうかもそうはっきりと判断することが出来ないのだそうです。以前は割賦販売は不当な形で販売された商品の返品や返金は出来なかったのですが、それも改正によって可能となり、現在の違いは所有権の違いや契約の解約などに違いがありますが、あまり違いは実感できないかもしれません。