ローンと割符の違いはどこで出る?

金銭問題の解決には制度の正しい理解が欠かせませんが、金銭問題に関係しそうな法律や制度は何かと分かりにくく、実際そっくりな内容のものも多く目にすることが出来ます。その典型のような制度がローンと割賦で、中にはローンと銘打っておきながら規約などを確認してみると割賦販売形式を採用していたりと、そっくりではあるものの中身は別物なのに係わらず名称を変えているケースもあるそうなのでそれらの違いを区別するのは困難です。販売店側もこういったことをしているのであれば逆に違いは気にしなくても良いものと考えても良いのかも知れませんが、それでも違う制度であることは間違いないので、そういった違いについて予めチェックしておきましょう。
ローンと割賦の違いは実際のところそれほど違いを実感することは出来ないでしょう。一応ローンは金融機関を介して料金の支払いを行うのに対して、割賦は売主や信販会社と直接取引を行うような形で取引を行うため代金の支払先に違いが表れますが、支払時に何か特殊なルールをこなさなければ行けないというわけでもありません。違いを感じることが出来る点といえば販売時に企業が提出する書面の内容くらいのもので、金額面の変化などはほぼ表れないと思って良いでしょう。