ローンと割賦の違い

金銭関係の決まりごとは何かと複雑なルールやややこしい決まりが多く、実際にそれらの制度を利用するような事になってもいまいち理解していないまま利用していると言う方も少なからずいるのではないでしょうか。例えばローンと割賦は商品を購入する際に他のところから予算を確保すると言う点ではまったく同じですが、性格にはまったく違う取引をしているのですが、その違いについて分かっている人はそれほど多くないのが現状です。果たしてローンと割賦には一体どのような違いがあるのでしょうか。
ローンと割賦は双方とも商品を購入する際どこか別のところから予算を確保して、支払いは一定の期間の間に少しずつ支払うことで商品を手に入れるという制度で、一見すると何の違いも無いように見えます。では一体何が違うのかというと、ローンと割賦ではそれらの制度を利用する際どこから予算を手に入れることが出来るかどうかで違いが分かれるといいます。ローンの場合は金融機関から予算を借入てから商品を購入して、そこから金融会社に金額を支払いますが、割賦の場合は商品を手に入れる段階では代金を支払わずに商品を手に入れ、(頭金の支払いはありますが)少しずつ代金を支払っていきます。この違いによって商品の所有権や手続の無いようにも違いが表れるそうです。